理学、作業、言語聴覚士の転職サービスで有名なPTOT人材バンクですが、もし退会したくなったらスムーズにできるのでしょうか?

 

転職活動には担当者がついて、しかも無料でサポートしてくれるので退会しづらい感じになるのか気になります。

 

 

今回はPTOTの退会方法や、実際に退会した人の口コミ、退会するにあたって気になることを調べてみました。

 

 

PTOT人材バンクは簡単に退会できる?

それではPTOT人材バンクの退会方法を見ていきましょう!

 

PTOT人材バンクの退会方法

PTOT人材バンクの退会は「退会希望フォーム」から簡単にできます。

ptot人材バンク 退会

 

登録した個人情報を入力して退会希望理由を入力するだけです。

 

退会希望理由も選択式になっているため、1分ほどで退会することができます。

 

 

退会時に引き止められない?

PTOT人材バンクの退会は「退会希望フォーム」からおこないますが、その後に担当者から引き止められないかも気になりますよね。

 

実際に退会した人の口コミを調べてみました。

 

 

非公開求人だけ確認して退会しました。

まだそれほど転職を具体的には考えていませんでした。

 

ただ他の職場の状況には興味があったので非公開求人を見るために登録しました。

 

数日後に電話連絡がきましたが、「まずは自分で求人を見たい」と伝えて、10日ほどで退会しました。

 

そのあとは、とくに連絡はきていません。

 

 

転職理由がなくなって活動を中止しました

職場の上司とうまくいかないことがきっかけで転職活動を始めました。

 

でも、私と同じおもいをしている人が多かったようで、同僚数名で院長のところへ抗議しにいったそうです。

 

上司はグループ会社の別施設に移動となり、転職する理由がなくなりました。

 

PTOT人材バンクさんには、面接対策までサポートしていただいていましたが、転職活動を中止したいことを伝えました。

 

担当者さんからはとくに引き止められることもなく、私の仕事が上手くいくように応援してくれました。

 

また、転職活動をするときには是非とも利用したいと思います。

 

 

このように、PTOT人材バンクの口コミを調べていると、退会時に引き止められたというものは見つかりませんでした。

 

また、担当者と話さずに退会したい場合には、退会希望フォームの「その他」欄に、「連絡不要」と書くとそのまま退会できたという口コミもありました。

 

 

PTOT人材バンクを中途退会すると違約金がかかる?

PTOT人材バンクは途中で退会しても違約金は一切かかりません。

 

ptot人材バンク 退会

このようにPTOT人材バンクは簡単に退会することができます。

 

 

「非公開求人を見たいけど登録するのが心配!」という方でも、安心して利用することができます。

 

 

>PTOT人材バンクの無料登録はこちら